カードローン 借り換え

カードローン借り換え厳選!


カードローンを借り換えする最大のメリットは何かというと"金利が低くなるかもしれない"ということです。

金融機関からカードローンの借り入れをしている人の多くは、少額融資(50万円未満)の借り入れを放置しているケースが殆どです。

しかし、少額融資の場合は、ほぼすべてが上限金利での融資となっているはずで、限度額によってはより低金利なカードローンに借り換えるだけで金利はかなり安くなるケースがあります。

例えば、消費者金融からの借り入れの場合、50万円以下の限度額だと金利は18.0%での契約となることがほとんどです。一般的に、カードローンは限度額が低ければ低いほど金利は高金利となり、100万円の限度額を超える水準でないとなかなか利率は低くなりません。

しかし、銀行カードローンで100万円以上の限度額で契約ができると、金利は一気に10%前後の水準にまで下げることが可能です。仮に、18%から10%に引き下げることができたら、カードローンの借り換え効果は8%にもなるわけです。

とはいえ、必ず借り換えできるわけでもなく、金利が必ず低くなるわけでもありませんが、借入が長期に渡っていて、限度額の増額もしたことがない人は、カードローン借り換えを検討する余地はかなり大きいといえるでしょう。

借り換えに使うならココ!おすすめの銀行&消費者金融カードローン!

 

カードローン借り換えのおすすめ一覧

カードローンの借り換えとは何?一本化には低金利がおすすめ!

カードローンの借り換えとは、クレジットカードのキャッシング枠や消費者金融など、ちょっと高めのところ既に借り入れしている借金を、例えば銀行カードローンやおまとめ専用ローンなどに借り換えることをいいます。利率の差が大きいので一般的には「消費者金融⇒銀行カードローン」という借り換えパターンが多いですが、アコムやプロミスに用意されているおまとめ専用ローンを利用する場合は消費者金融⇒消費者金融という場合もあります。この場合は返済専用のおまとめローンというケースが多くなります。

 

そんなことをして得になるのかなと疑問に感じる人もいるかもしれません。

 

もちろん、いつでも必ず得になるというわけではありませんが、一定条件さえ満たせばカードローンの借り換えによって金利の引き下げに成功し、返済総額が削減できてかなり得になる可能性があります。

 

逆に、自分の借り入れの金利や返済計画にも無関心で放置していると、長期間に渡って必要以上の利息を支払う羽目にもなりかねません。

 

消費者金融と銀行では金利差がありますので100万円以下の融資を受けているような人の場合は借り換えを検討する余地が大きいといえます。

 

元の借り入れ(借金)は消費者金融などの金融業者や銀行のカードローンであったり、クレジットカードのキャッシングであったり、最近ではショッピング利用分のリボ払いであったりするのですが、それらの借金を利用者自身が他のカードローンに借り換えることで金利を引き下げ、月々の返済負担や総支払額を削減するのが最終的な目的になります。

 

つまり借り換えの際のポイントは金利ということになります。

 

カードローンの借り換えには利用者目線で低金利なところを選ぶ必要があります。
せっかく借り換えても元のカードローンの金利と同程度では借り換える意味がなく、手間が増える分だけデメリットともいえます。多くの場合、消費者金融は消費者金融カードローンの金利相場があり、銀行カードローンには銀行カードローンの金利相場があります。そのあたりを十分に考慮したうえで、借り換えを行い、一にも二にも金利の引き下げが重要になってきます。

 

当サイトではみずほ銀行といった、カードローン借り換えを検討するカードローン利用者に人気のカードローンをご紹介しています。これらの銀行カードローンはインターネットでちょっと検索すればすぐに見つかりますし、ホームページからいつでも申込みが出来る上に低金利。金利を低くして月々の負担感を減らさなければカードローンの借り換えをする意味はありませんからその辺りには敏感です。

 

また、銀行カードローンで借り換えを検討するのが第一の選択肢ですが、その次は消費者金融系で低金利なところも視野に入れると良いかもしれません。

 

消費者金融によってはおまとめローンを扱っているところもあります。もっとも、カードローンをおまとめローンに借り換えした場合は返済ばかりで追加の借り入れができないケースがほとんどですからその点は注意をする必要があります。カードローンからカードローンへ借り換えした場合と、カードローンからおまとめローンへ借り換えした場合とでは繰り返しの借り入れができるかどうかという点で大きく異なってくるわけです。

 

とはいえ、カードローン審査に必ず通るというわけでもないので、やはり、計画的な利用を心がけるのが一番です。家計を節約したりすることも忘れないようにしましょう。

 

 

カードローン借り換えで失敗するケース

カードローンの借り換えで失敗をしてしまう人が一定数います。今よりも条件の良いカードローンを探して借り換えすれば普通は利息の支払いも減ってメデタシメデタシとなるはずなのに、借り換えが却って手間も負担も増えてしまい、

 

『失敗した!借り換えしなければよかった・・・』

 

と嘆くパターンです。
こうしたカードローン借り換えの失敗談はいろいろありますが、集約すると以下の3パターンになります。

 

金利が思ったより低くならない

カードローンの借り換えで失敗するパターン第一位と言っても過言ではないのがこの"金利が思ったよりも低くならない"というパターンです。金利が低くならないのであればなにも無理に借り換えをすることもなかったという話になるわけです。

 

世の中の多くのカードローン金利は、一律ではありません。普通、上限金利と下限金利があります。

 

上限金利・・・一番高いケースでの利率。
下限金利・・・一番低いケースでの利率。

 

例)
4.5%〜18.0%の場合

 

4.5%が下限金利
18.0%が上限金利

 

となります。

 

金利が思ったよりも高いという時は、申し込み時に4.5%ばかりに気を取られて申し込んでいるケースが多くあります。しかし、普通のカードローンの場合、金利は契約限度額によって大きく変わってきます。100万円程度の限度額で契約すると、10%〜12%という金利になることが多いようです。

 

ゆえに、カードローン借り換え目的で金利をチェックするときは、
いくらの限度額なら利率はいくらなのか
をチェックし、それがわからない場合は上限金利とは逆に下限金利が低いところを狙っていったほうが良いでしょう。ここを見誤るとせっかく借り換えしても成功どころか逆に失敗に終わってしまいます。

 

インターネットで検索してみるとカードローンの情報はたくさん溢れかえっていますが、最新の金利ではなく、一昔前の金利情報を掲載して放置しているところもあります。その後に利率変更している場合もありますから、申込みを行う際には、公式サイトにて利率をしっかりチェックし、納得してから借り換えしましょう。

 

 

返済期間が長くなった

利率の低いところに借り換えたはいいものの、返済方式によっては返済期間が長くなり、かえって金利負担が重くなったというような話も聞きます。

 

ただし、この場合も借り換え前と借り換え後の金利差がそれほどない場合の話であり、金利をしっかりとチェックして低金利のカードローンに借り換えすれば大丈夫なケースも多々あります。インターネットで返済方式についての解説もありますから、確認しておくと万全です。うまく借り換えできれば支払い残高をより早く減らすことにつながってくるのです。

 

 

約定返済以外の返済ができない

カードローンによっては、毎月決まった返済以外に追加で返済しようとすると手間が若干かかったりするところもあります。今時少数派ではありますが、臨時返済も可能なところを選ぶようにしましょう。より早く借入残高を減らせます。

 

 

リボ払いの借り換えって何?

今やクレジットカードは持っているのが当たり前といえるくらいに多くの人が保有していますが、その支払方法としてよく利用されているのがリボ払いです。

 

リボ払いのメリットは何?

リボ払いはいくら借入残高があっても毎月の支払いを一定額に維持できるという特徴があり、例えば、急な出費が発生して借金が増えたとしても、翌月以降の返済額を一定にしておけるという便利な側面を持っています。返済額がコロコロと変更されてはなかなか安定して返済していけませんよね。

 

借り入れ金を返済するのは当たり前としても、一気に1万、2万といった単位で増えてしまうと自分の生活が立ち行かなくなりかねません。そういったシチュエーションでは使い勝手の良い支払い方法だといえます。

 

リボ払いのデメリットは何?

しかし、毎月一定の返済額で良いということは、逆に言えば返済期間が長引いてしまう要因にもなり、それはデメリットだといえるでしょう。返済期間が長引けば、それだけ返済額も増えてしまいます。

 

また、返済期間が長い=新たな借り入れをしてしまう可能性が少なからずあるということです。知らず知らずのうちに借り入れが増大してしまい、なかなか完済できないといった不都合な状況を自分から作り出してしまいかねないわけです。

 

そこでリボ払い分をカードローンで借り換えする

リボ払いにはメリットとデメリットがありますが、金利の面から見てみると実は銀行などのカードローンに借り換えしたほうが得になるというケースが結構あります。もちろん希望どおりに借り入れできるかは審査にかかっていますが、上手に借り換えできればかなり有利に支払い状況を改善することが可能です。ただし、総量規制といった法的な規制もありますので注意が必要になります。
そんなリボ払いの借り換えについて以下のページでまとめていますので参照してみてください。

 

リボ払いの借り換え〜クレカ返済ができないとき

総量規制や勤続年数など借り換えの審査申し込み時に外せないポイント

新規の申し込みと異なり、カードローン借り換えが目的の審査申し込みとなると審査に関して想定しておくべきポイントがいくつかあります。

 

総量規制

カードローンの借り換えをする際に必ずネックになってくるのが総量規制です。

 

総量規制とは貸金業法という法律で定められている貸出規制のことで、そこでは消費者金融などの金融業者に対し『年収の3分の1以上は融資してはならない』と決められています。

 

つまり、年収の3分の1以上を希望しても、その額での審査通過は法的にありえないわけです。

 

ちなみに、ここでいう金融業者には銀行は含まれません。大手消費者金融はもちろん、中小、零細の消費者金融やクレジットカードの信販会社などが対象です。

 

また、モビットやアコム、プロミスなどは銀行系の資本グループに入っていますので銀行系カードローンなどと言われたりもしますが、銀行系とは銀行系列なだけであって消費者金融であることに変わりはありませんから注意してください。

 

一方、楽天銀行などのネット銀行や東京スター銀行といった横文字の入った銀行は旧来の銀行とは異なった印象を持っている人も多いかもしれませんが、こちらはれっきとした銀行ですから総量規制対象外となります。

 

 

借り換え先を探す際にはついつい最大限度額を見てから決めがちなのですが、消費者金融の場合は総量規制で年収の3分の1以上は借りられないことになっていますから最大限度額いっぱいまで借りられる可能性は多くの人の場合ゼロです。
銀行のカードローンであれば総量規制対象外ではありますが、銀行も無節操に貸し出しているわけではなく、総量規制である3分の1は限度額設定の一応の目安担っているという話もありますからやはり最高限度額いっぱいまで借り入れができるかというとそこは微妙なところとなります。

 

勤続年数

カードローンの借り換えはすでに他社から借り入れがある状態の人が新たに借り換え先から借り入れることですから、一社目の審査よりもより収入の安定性が求められます。返済原資となる収入が不安定では貸す側も躊躇してしまうわけです。

 

収入の安定性を見るのに1つのポイントになってくるのが勤続年数です。いうまでもなく勤続年数は短いよりも長い方が有利です。転職して数ヶ月程度だと借りられたとしても数万円〜10万円程度ですから借り換え用途には厳しいでしょう。

 

利用限度額

カードローンのスペック表に記載されているのは最大限度額です。
例えば限度額800万円となっていれば、『800万円までは借りられる可能性がありますよ』ということです。しかし、これは誰でも借りられるというわけではなく、審査結果によって申込者それぞれにいくらまで借り入れ可能か限度額設定がなされます。これが利用限度額です。
スペック表記の限度額は最大限度額ですから間違わないようにしましょう。

 

 

カードローン借り換えも難しいときは?

カードローンの借り換えを申込んでみたものの、審査通過せずに借り換えに失敗してしまうようなケースだと、最終的には債務整理も視野に入れておかないといけません。
債務整理とは借金返済が不可能である場合に認められる法的な手続きで、借り入れ先の同意が必要な任意整理や裁判所からの認定が必要な自己破産など何種類かやり方があります。
このあたりになると司法書士や弁護士など専門家の助けを受けながら手続きをしていく必要がでてきます。
また、債務整理をすると金融事故として信用情報機関に事故情報が記載されます。いわゆるブラックリストです。
こうなると新たな借り入れは一切できなくなりますが、返せるあてのない借金を抱え続けて返済日にストレスを抱えるよりはマシだというケースもありますので気になる人は相談してみましょう。

カードローン借り換え口コミ情報

『借り換えがこんなに便利なら、もっと早く知りたかった!』

 

 

リーマンショック以来の世界同時不況の波が、世界中に押し寄せています。

欧州の債務危機の影響で、日経平均株価は下がり続けています。

 

日本で暮らす私たちも、少なからず影響を受けていて、ボーナスカットや給料ダウン、財布はさびしくなるばかり。
反比例して、子どもの教育費や社会保険料、住宅ローンで家計は苦しくなるばかりです。

 

私も生活費として「ちょっと当座のお金を借りるだけ」とカードローンを使いました。
子どもの教育費などの支払いが一気にきて、夫の給料だけではまかなえなくなったからです。

 

カードローンは電車の中やCM、あらゆる場所で広告を目にするため、普段は印象に残らなくても、お金が必要なときに不思議と思い出されます。
カード会社の名前は覚えていなくても、CMで使われていたタレントの名前で覚えていることもあります。
タレントの顔やCMの1シーンで呼び起こされた記憶は、芋づる方式でたどられます。
記憶をたどるうちに「カードローンって気軽にキャッシングできるってCMで宣伝していたな」と「カードローン」の存在を思い出しました。

 

カードローンはネットで申し込むことができ、申し込みが簡単でした。

簡単な審査で即融資してくれるので、現金をすぐに借りることができます。
もっと手続きに時間がかかると思っていたので、「自分でもこんなにカンタンに手続きできるの?」と驚きました。

 

最初はカードローンに抵抗があったのですが、生活費が少し足りない時にいつでも借りることができます。
便利なので、2社・3社と借りてしまったのです。

 

私は生活費をちょっとしか借りていないと思っていました。
確かに1つのカード会社から借りている金額は10万、5万と比較的少額です。
しかし、総額で考えるとけっこうな額になっていてびっくりしました。
総額単位ではなく、1つのカード会社で借りた金額の方が印象に残ってしまっていたのです。

 

カードローンは、最初に借り入れた総額だけを返せばいいわけではなく、利息があります。
複数会社のローンを利用していることで、利息×契約したカード会社数という倍々ゲームになっていくのに気づいたのは、つい最近のことです。

 

膨れ上がっていく利息に月末、複数のカード会社の支払いに追われていました。
複数のカードローンを持つことで「返済忘れ」の可能性も増えてきます。
返済期日もバラバラなので、うっかり払い忘そうになったことが何度もありました。

 

「複数のカード会社から借りるんじゃなかった」
「まとめて払えたら、こんなに時間と労力がかからずに済むんだけどな」といつも考えていました。

 

まさに自分の状態にぴったり合った、ローンを借り換えして金利を軽減できるローンを知ったのは街での広告でした。 
高金利なところから低金利なところへ借入先を変更すれば月々の負担は減らすことができます。これは私にとって希望でした。

 

いろいろあるのですが、たとえばおまとめローンは、希望額が可決されると銀行がまとめて借入先に振り込むそうです。
カードローンごとにかけられていた利息が一本化されるので、希望通り返済額を減らすことができました。
なにより、返済期日が統一されるので、払い忘れの心配がありません。

 

こんなに楽になるんだったら、もっと早く知りたかった!と後悔しています。
平成の大不況を乗り切るために、生活苦で複数のカードローン会社から借りている私みたいな人は多いはず。
支払いで苦労している人に、ぜひ借り換えできるローンをおすすめします。

 

 

>>カードローンの借り換え体験談を募集しています。<<

 


ホーム RSS購読 サイトマップ